3分間の物語vol.530「君を想って月を見る」

こんにちは、作詞家のMikeyです。

歌は3分間のドラマに例えられることがあります。
そんな短い物語である「歌」、私が書いた歌詞や詩をご紹介していきます。

コロナウィルスの流行の影響で自宅で過ごすことが求められています。
比較的時間に余裕が出てきた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
みなさんも、自由に想いを詩に綴ってみるのも良い機会だと思います。

しばらくの間、私が詩を書き始めた頃(小学生)から10代の頃に書いた詩を優先的にご紹介していきますので、よかったら参考にしてみてください。
また、落ち着くまで5と0のつく日の更新にさせていただきます。
一日一詩を目標にしていたのですがすみません。

それでは…
第530回目の今回は、一体どんな物語なのでしょうか…

 

3分間の物語vol.530「君を想って月を見る」

 

君を想って月を見る

ブラインドーの隙間から

ひと夜ひと夜を重ねるごとに

ひとつひとつの思い出あふれ

忘れることも出来ないままに

君を想って月を見る

このまま会えずに生きたとしても

100年経っても忘れられずに

君を想って月を見る

 

君を想って月を見る

夜の海辺にひとりきり

寄せては返す波の音聞き

欠けては満ちる月の肌を見

月が僕を眠らせないから

君を想って月を見る

たとえこのまま別れが来ても

1000年経っても忘れられずに

君を想って月を見る

いかがでしたか?
あなたの琴線に触れることができたらこの上なく幸せです。
それではまた!

 

公開作品の中には、すでにメロディがついて、メジャーで歌われていたり個人的に歌っていたりする物もあります(主なメジャー作品はコチラ)。
歌としてご利用希望の方や楽曲制作のご要望などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

また、Kindleで詩集や作詞本などを発売中です。

作詞家への裏道navi 体験版 (CREATOR'S NOVA) 作詞家への裏道navi vol.1 ー初級編ー (CREATOR'S NOVA)

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です