ファンが怖くなった日の話

毎日暑いですね。
歌詞を書く時は季節を先取りすることが多いので、暑い中で冬の寒空を想像することも多いです。
あぁ寒……くないんですけど、全然(汗)

仕方がないので、ちょっとだけ背筋が寒くなるようなお話をしましょう。

こんにちは、作詞家のMikeyです!
私は人見知りでビビリなので、こんなことを思うのは私くらいかもしれないんですけど…

もうかなり昔々の話なのですが、ファンが怖いと思ったときのことを書いてみようと思います。

ファンが怖くなった日の話

あのね、ファンっていっても私のファンじゃないですからね。
そんなの分かってるって?
はい、すみません。

それじゃあいってみましょ〜!
え〜と、その日は、作詞家デビューしてからわりと早い時期にやってきました。

ジャニーズのあるグループの曲に歌詞が初めて採用されたときのことです。
事務所のHPでの発表で、私は初めてその歌詞が採用されたことに気づいたのですが、初めての採用で浮かれているときに、突然ケータイが鳴ったんです。

いや、まぁ、実際はメールだったんですけどね。

私は当時、作詞者名から想像しやすいメールアドレスを使っていたためか、まったく知らない人からメールが届いたんです。

それも、なんのメッセージもない真っ白なメールが。

これってもしかしたら偶然かもしれないんですけど、あまりにもタイミングがぴったりだったので、ファンの人にメールアドレスを突き止められちゃったのかと思いました。
それで、本当にもう、怖くて怖くて…

速攻でアドレス変更しましたよ(汗)

特権なんてどこにもない

作家は歌ってくれるアーティストを応援していますが、別になにか特権が与えられているわけでもないし、アーティストの友達でもないし、ファンの方々が羨ましがるようななにかがあるわけでもないです。

むしろ私はファンのみなさんのファンなのです。
ライブで歌われる歌を聴いているファンの方々を、後ろからそっと見るのが大好きです。

だからね、ちょっとだけ優しくしてもらえると嬉しいな。って思います。
あ、優しくっていっても、別に無理に応援してくれたりとか、そういうのはなくてもいいですよ。むしろなにもしなくて大丈夫です、ホント。
そうしたら、ファンのみなさんが喜ぶようなフレーズをアーティストが歌ってくれるように、素敵な歌詞が書けるはずなので。

あと、もしあの時のメールがたまたま知らない誰かのミスで届いたもので、私が勝手にビビってるだけだったらゴメンナサイ!!

今はファンのみなさんのこと怖くないです。
ほ、ホントに怖くなんかないんだからねっ

色んなことがあるけど、歌詞を書くのって最高に楽しいです!

それではまた!

 

CREATOR’S NOVAというサイトで
クリエイター応援活動をしています。
そちらも良かったら是非!

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/viewcafe/view.cafe/public_html/creators/wp/wp-content/plugins/feedwordpress/syndicatedlink.class.php on line 302